スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸のSEX 古来、日本人はこんなにエロかった!

江戸のSEX 古来、日本人はこんなにエロかった!


【送料無料】江戸のSEX

【送料無料】江戸のSEX
価格:950円(税込、送料別)




とってもエロかった江戸時代の性生活に学ぶ
「日本人は性に淡白だ」と言われるが、江戸時代の男女は、実に豊饒で奔放な性愛を愉しんでいた。

本書の第一章では、庶民が実践していた性生活、および吉原遊女の手練手管を紹介する。
あの手この手のテクニックは現代人が赤面してしまうほど。
第二章は、江戸の大奥だ。将軍様の寵愛を得るための奥女中らの愛憎や嫉妬、あるいは秘めごとの作法など、”性の花園”の実態に迫る。
第三章は、春画である。大英博物館所蔵のお宝から、仰天体位集まで、世界に誇るニッポンのセックスアートを一挙掲載。
第四章は、現代の”エロ本”に当たる艶本。印刷・製本技術、出版流通などを通して庶民のエロ文化を知る。ベストセラー性指南書『枕文庫』の超絶中身も紹介。
第五章は、春画の名作48点を厳選。歌麿や北斎など当代一流絵師たちが挑んだ性描写を大公開する。
第六章は、大正時代に姿を消した「夜這い」の文化を取り上げる。おおらかな性習俗は、現代にも意外なほど面影を残している。
第七章は、江戸時代の性愛と酷似する、古代ローマ人のセックスだ。古代中国人の性生活も併せて収録した。週刊ポストの大好評シリーズをまとめた永久保存版である。

ポスト・サピオムック
週刊ポスト編集部
小学館


スポンサーサイト

ビックリ!おもしろ聖書物語 巨椋修

ビックリ!おもしろ聖書物語 巨椋修 リイド文庫

【送料無料】ビックリ!おもしろ聖書物語

【送料無料】ビックリ!おもしろ聖書物語
価格:650円(税込、送料別)



聖書に書いてあることが、すべて文字どおりに解釈するとしたら…」ということをコンセプトに、あまり一般に知られていない聖書の闇ともいえる過激な内容や支離滅裂さなどなどに光をあて、さらに、「だって聖書にはホントにこう書いてあるじゃない」という部分を書き出し知らしめた、聖書を楽しむためのエンタメ本。文庫書き下ろし。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 この本は、聖書に書いてあることが全部ホントとして考えものです/第1章 神様は皆殺しがお好き/第2章 神様は嫉妬深くてわがままな、呪う神なのです/第3章 神様は女性がお嫌い/第4章 強姦・近親相姦、ちょっと異様な聖書SEXエピソード/第5章 ちょっと怖いイエス様と使徒たち/第6章 困った人パウロ様/終章 神様は人間を自分に似せてお造りになったのだから…

巨椋修(オグラオサム)
1961年、兵庫県神戸市出身。漫画家、小説家、映画監督、総合格闘家(陽明門護身拳法師範)、そして、不登校・ひきこもり・ニートを考えるインターネット映像放送局『FHN放送局』主宰と、ニートのためのインターネットラジオ局『オールニートニッポン』パーソナリティーなどなど多様な分野で活躍しているマルチ人間。漫画家としてのデビューは、『デラックス・マーガレット』と少女漫画出身。しかし、現在では、漫画のジャンルだけでなく、人生観までもがノン・ジャンルというオールラウンド・クリエーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


聖書に秘められたエロス 白取春彦

聖書に秘められたエロス 白取春彦 宝島社文庫

【送料無料】聖書に秘められたエロス

【送料無料】聖書に秘められたエロス
価格:600円(税込、送料別)



近親相姦、不倫、売春、略奪愛、集団強姦、同性愛…はじめて明かされる衝撃の真実!聖書に描かれた人間の本性に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序文 聖書のエロティシズム(色情はよくないことなのか/情欲は淫らにつながるという教え ほか)/第1章 10分でわかる聖書の基礎知識(聖書は古代イスラエル人の伝承から/“ユダヤ”という名称が生まれた理由 ほか)/第2章 聖書に描かれたセックス問題(物語はパレスチナより始まる/人妻に横恋慕するエジプト王 ほか)/第3章 戦争とセックスと欲望の渦(姦通、獣姦が多かった時代/様々な近親相姦の形 ほか)/第4章 性愛から永久の愛へ(露骨な性愛讃歌/性愛の悦びの香り ほか)

白取春彦(シラトリハルヒコ)
青森市生まれ。独協大学外国語学部ドイツ語科卒業。1979年ベルリン自由大学入学。哲学・宗教・文学を学び、85年に帰国後、著述業に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


赤線跡を歩く(完結編) 続々・消えゆく夢の街を訪ねて

赤線跡を歩く(完結編) 続々・消えゆく夢の街を訪ねて



【送料無料】赤線跡を歩く(完結編)

【送料無料】赤線跡を歩く(完結編)
価格:2,415円(税込、送料別)



★昭和に想いを馳せる──

懐かしさと哀しさが、時を超えて心を打つ旅。
歴史ある街並みと建物を巡る、遊廓跡紀行の集大成。
巻末付録「よるの女性街・全国案内板」(渡辺寛著・昭和30年季節風書店発行「旅行の手帖No.20」収載記事)再録

<レビュー>
木村聡氏は旧遊郭街、旧赤線・青線街を探訪し、建物や街の形状からかもし出される赤線街の残滓から当時の色町で働いていた女性たちの思いを、実に淡々と伝える単行本を数冊出しています。「完結編」とあるのは、過去に「東日本編」「西日本編」とシリーズとして出して、これまであまり取り上げられなかった北海道、東北、北陸、瀬戸内、京都などを取り上げることによって、「一応の完結版」としています。北海道・東北地方に半分以上を費やしたあたり、個人的には「最果ての遊郭街訪問」という印象を受けます。

実際に街を訪ね、写真取材をもとに、旧赤線街の様子を鮮やかに再現する木村氏の取材手法は、従来と変わりありませんが、本書では新たな試みとしてターゲットとなった街の地図を掲載し、現在の写真と対照しながら読み進める構成になっています。そのため、旧遊郭街を軸にした「異色の紀行文」としても十分楽しむことができます。

赤線跡を歩く―消えゆく夢の街を訪ねて

赤線跡を歩く―消えゆく夢の街を訪ねて



【送料無料】赤線跡を歩く

【送料無料】赤線跡を歩く
価格:1,050円(税込、送料別)



公娼制度の廃止に伴い、戦後間もない昭和21年頃から形成された赤線地帯。そこでは鮮やかなタイルと色ガラス、入口にホールのある独特の様式が生まれ、カフェー調の店が全国の盛り場で流行した。
昭和33年の廃止後、アパートや旅館、町工場などに姿を変えて余生を送ってきたそれらの建物も、半世紀が経過し風化が進む。戦後の都市空間を彩った建築物とわずかに残る街並みを記録した貴重な写真集。

東京(吉原/洲崎/千住 ほか)/関東(松戸/船橋/川崎 ほか)/関西(飛田/中書島/橋本 ほか)

<レビューから>
昭和33年の売春防止法の施行以来、基本的には「存在してはいけない」赤線青線地帯。でも、一点の曇りも容赦しない法律が定める世界と生々しい我々が暮らす実際の社会とでは、かなりの「ズレ」があることは大人だったら誰でも知っています。

本書はそんな「赤線青線)地帯」を写真と文章でルポしたものです。「鳩の街・玉乃井」などすでに“死滅”した地域から、川崎・南町など“微妙な場所”まで地域別に追っています。

 | ホーム | 

買って満足

楽天売上上位

お勧め


カテゴリ

本・雑誌 (26)
教養 (5)
小説 (2)
生き方 (5)
趣味 (6)
写真集 (1)
動物 (1)
カレンダー (1)
IT (0)
パソコン&周辺機器 (0)
ゲーム (0)
ファッション (17)
腕時計 (10)
靴 (2)
ジャンパー・ブルゾン (1)
ネクタイ (1)
ブレスレット (1)
ポロシャツ (2)
バッグ・小物 (10)
バッグ (2)
財布 (4)
ベルト (1)
カードケース (1)
傘 (2)
生活用品 (3)
下着 (1)
美容・医薬品 (4)
グルメ (8)
お取り寄せ (0)
グルメ本 (7)
趣味・教養 (1)
エンターテインメント (8)
映画 (3)
音楽 (1)
芸能 (1)
DVD (1)
バラエティ (1)
ペット (0)
スポーツ (0)
アウトドア (6)
ニュース (0)
家電 (3)
カー・アクセサリー (1)
旅行・宿 (5)
温泉・旅館 (2)
ホテル東京 (2)
ホテル京都 (1)
未分類 (2)

<< >>

最新記事


楽天季節特集


QRコード

QR

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。